施設にやってきた猫がトイレで出産。生まれた子を見たら…「4つの耳」があった

ある日のこと。

オーストラリアのとある保護シェルターに、一匹の猫が運ばれてきました。

 
そして、その夜…

彼女は、猫用トイレの中で子猫を生みます。

4つ耳の子猫

彼女が新たに生んだ子猫のうちの一匹は…

先天性形態異常で、4つの耳を持っていました。

 
ただし、他に目立った体の不具合はなく…

 
その後もすくすくと健康に育っていきます。

 
子猫のケアを担当した「Forever Friends Animal Rescue」のスタッフによれば…

4つの耳は奇形というよりも、個性です。

彼はとても自信家で、知りたがり屋で、冒険が大好きな男の子。

人間が大好きで、いつも1日の終わりには膝に乗って甘えにくるんですよ。

 
やがて、嬉しいニュースが。

彼の話を聞いたリズ・スターセヴィックさんから、ぜひ家族に迎え入れたいとの申し出が舞い込んだのです!

 
彼女のもとに引き取られた子猫は、ソーンと名づけられました。

関連:生まれつき前足が短い子猫は、ハンディを乗り越えて『スゴい特技』を習得した!

幸せな結末

そのかわいさに、リズさんもすぐ夢中になった様子。

彼ってば最高なの!

わたしたちが近づくと、お腹を撫でてってゴロンと寝転がるのよ。

とっても食いしん坊で、毎食、これが人生最後の食事なんじゃないかってくらいの勢いで、がっつくの。

優しい子だし、おしゃべりね。

とにかく、わたしたち彼が大好きなの!

 
優しい家庭に落ち着くことが出来たソーンは…

今日も幸せな日々を送っていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ