ピンチを救われたノラ猫は授乳中の母親だった。やがて5匹の子猫たちと再会し、一段落と思いきや…「6匹目」が見つかり!?

ある日、他の動物に襲われているところを救出された野良猫・トゥードルズ。

 
アメリカ・メリーランド州の保護施設Anne Arundel County Animal Care & Controlに運び込まれた彼女を見て…

メンバーはすぐにあることに気がついたと言います。

その特徴から…

トゥードルズが授乳中の母猫であることは明らかでした。

 
すぐには子猫を見つけることができなかったため、近隣の人たちにも注意してもらうようお願いすると…

その週末、とある住人がトレーラーハウスの断熱材の中から5匹の子猫を発見しました。

家族の再会

シェルターのメンバーであるミンディさんが子猫を施設に連れ帰ると、鳴き声を耳にしたトゥードルズの表情はすぐに明るくなり、周りを探し始めたのだとか。

彼女のベッドに子猫を置くと、さっそく少しにおいを嗅いだ後、まるで落ち着かせるかのように毛づくろいを始めます。

 
そんな心温まる光景に、ほっと胸を撫で下ろしていた頃…

なんと「6匹目の子猫」が同じトレーラーハウスの下から見つかったという知らせが!

 
最後の1匹を引き取り、すべての家族が揃うと、お母さんは心からリラックスした様子を見せたそうです。

関連:『生後4週間にも満たない子猫を預かってほしい』 快く引き受けた里親のもとにやってきたのは、全く物怖じしない子猫だった!

新しい生活

優しいママに見守られながらすくすく育った子猫たちは、生後8週を迎えると新しい家族を見つける準備に入ります。

そんな中一番初めに引き取り手の希望があったのは、なんとトゥードルズと最後に見つかった子猫・パーシー。

母猫はたいてい一番最後まで引き取り手が決まらないので…

一番初めに選ばれるなんて、本当に心が温かくなりました。

 
これからも新しい家族の元で楽しく暮らしていけるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ