出産を繰り返す1匹のノラ猫。なかなか保護できず心配していたら、ある日…!

ロサンゼルスの路上で、何度も妊娠・出産を繰り返していた1匹の母猫。

なんとか彼女に避妊手術を施そうと、保護団体が罠を仕掛けたものの…

何ヶ月もの間、捕まえることが出来ずにいました。

 
しかし、ある日のこと。

そんな母猫がふと、団体と協力して彼女を助けようとしていた女性の前に、自ら姿を現します。

それも



なんと、新たに出産した子猫達を連れて!

 
彼らはすでに離乳しており…

母猫は、自分を気にかけてくれていた女性なら、子猫達にもご飯をくれるだろうと期待してやってきたようです。

里親の元で

女性から連絡を受けた団体は、すぐに母猫と子猫達のケアを里親ボランティアに依頼。

 
こうして母猫は、危険な路上ではなく安全な場所で、子育てを無事開始することとなりました。

 
団体のルイーズ・ホルトンさんが嬉しそうに語ります。

母猫は子猫達を4週間一人で育てていたの。

そして、自分にいつもご飯をくれる女性のところへ彼らを連れて行った…

猫はとても賢くて、誰に助けを求めれがいいのかをきちんと理解しているの。

母猫は何年もの間、たくさんの子猫を生み続けていたけれど、これでやっと避妊手術を施すことができる。

本当に良かったわ。

 
里親の家に来て数日が経つと、警戒心が特に強かった子も含め、どの子猫も新しい生活に慣れ始めます。

食欲も旺盛で、頭を撫でられることも嫌がらなくなりました。

 
追いかけっこをしたり、あちこちよじ登ったり…

 
日に日に自信もついてきたようですね(*´∀`*)

関連:授乳のため、子猫を職場へ連れていった女性。結果…同僚たちがメロメロに!?

旅立ち

そんな楽しい暮らしを送ること数週間。

子猫達も、それぞれの新しい家族のもとへ旅立つ準備が整いました。

 
また母猫は、無事に避妊手術と必要な治療を受けた後…

自分の路上生活を支え、子猫の命も救ってくれた女性とともに暮らすことが決まったそうです。

 
無事に子育てを卒業した彼女と、立派に成長した子どもたち。

離れ離れになっても、素敵な家族とずっと幸せに暮らして行くことを願って止みません(´∀`)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ