保護団体に拾われた子猫。「優しいパパ」と出会い、新たな人生の一歩を踏み出す

カリフォルニア州・サンノゼの動物保護団体のもとへ、1匹の子猫が連れてこられました。

 
母親とはぐれてしまったのか、独りぼっちでさまよっていたとのこと。

その後、数日ほど団体のもとでお世話になった彼女は…

保護団体のスタッフであるローラさんの家へ引き取られ、バーバリーと名付けられました。

優しいお父さん

ローラさんの夫・コナーさんは大の動物好き。

その優しさが伝わるのか、今までローラさんが引き取ってきた他の子猫たちも、彼に対してはすぐに懐くそうです。

 
無論、バーバリーも例外ではなく…

出会ってまもなく、コナーさんにすり寄って甘えるようになりました。

 
まるでボディーガードのように、片時もコナーさんの傍を離れようとしないバーバリー。

首元や肩に乗っかるのがお気に入りのようで、そのまま眠ってしまうこともしばしばです。

彼女はとてもおとなしくて、落ち着いた性格の子ですね。

でも撫でてあげると、嬉しそうにこちらにすり寄ってくるんですよ。

 
その後、ローラさんは「今まで独りぼっちで過ごしていた彼女には友達が必要だ」と考え…

もう一匹の子猫を家に迎えます。

 
ラルフと名付けられた子猫は、バーバリーにとって弟分。

2匹は間もなく、仲良く家の中を冒険するようになりました。

関連:心を閉ざしたお爺ちゃん猫は…子猫たちと出会って、新たな生きがいを見つけた!

仲良し姉弟

ローラさんとコナーさんに見守られて、順調に育っていく姉弟。

 
特にバーバリーは、もう口の中に立派な歯が生えるくらいにまで、大きく成長したそうです。

 
優しい家族と一緒に、これからも幸せに暮らしていって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ