保護された、とっても甘えん坊な子猫。そんな彼の『お気に入りスポット』は…!

米ロサンゼルス在住のとある女性は、自宅近辺で子猫の鳴き声がどこかから聞こえてくることに気付き…

声の主を探し回りますが、なかなか見つけることが出来ずにいました。

 
しかし、それから数日後。

彼女はようやく、自宅のベランダの玄関で鳴いている小さな子猫を発見します。

 
どうやら母猫とはぐれてしまい、行き場もなく、途方に暮れていた様子。

住民の女性は、この子猫に救いの手を差し伸べるべく、地元の動物保護の団体に連絡を取りました。

新たな家族に囲まれて

連絡を受けたスタッフのアシュリーさんは、すぐさま子猫を迎え入れる用意を整えます。

他にも4匹ほど、同じ年ごろの子猫を飼っていたんですが…

彼は今まで出会ってきた猫たちの中でも、とびっきり可愛いですね。

それに、かなりの甘えたがりみたい。

 
バーソロミューと名付けられた子猫は、生後6週間ほど経過しているにもかかわらず、栄養が足りていないのか、身体のサイズが他の猫達と比べて半分ほどしかありません。

しかし、そんな小ささを補って余りある元気と愛嬌を備えていたため…

里親のアシュリーさんや、猫の仲間たちともすぐに打ち解けてしまいました。

既にウチで飼っていた4匹の子猫も、新しい兄弟を歓迎しているみたい。

バーソロミューは、彼らから猫らしい振る舞いを教わっていますよ。

 
それでもやっぱり、一番大好きなのは自分を助けてくれたアシュリーさんのようで…

隙あらば、「膝の上に乗せて!」と主張して、そのまま丸くなって暖を取るのがお気に入りみたいです(*´艸`*)

 
哺乳瓶を卒業する頃には、バーソロミューは他の兄弟ともども、他の里親に引き取られていきました。

 
無論、新しい里親となったジェンさんに対しても、バーソロミューの甘え癖が炸裂します。

 
膝の上が空いていると見るやいなや、するするとよじ登っていき…

 
よほど居心地がよいのか、そのまますやすやと眠ってしまうこともあるのだとか(笑)

 
こんなに満足げな表情を見せられたら、身動きが取れなくなってしまいますね…!

関連:子煩悩な母猫と、心優しい里親は…2人3脚でヤンチャな子猫たちを育て上げた!

生涯の家を探して

人懐っこい性格のバーソロミューは現在、「生涯の家」を探している最中とのこと。

ジェンさんは、改めて彼の魅力を語ります。

バーソロミューは、いつも私たちを楽しい気持ちにしてくれます。

本当にイイ子で、部屋に入ると真っ先にこちらに駆け寄ってきて、挨拶してくれるんですよ。

膝の上以外でも、うつ伏せで横になっていたら、すぐ背中に飛び乗ろうとしてきますし…

とにかく、人にぴったりとくっついたり、かまってもらうのが好きなんでしょうね。

 
独りぼっちで寂しい思いをしながら路頭に迷うことは、もう二度とないでしょう。

甘えん坊の彼にぴったりな、優しい飼い主さんが見つかるように願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ