工場で保護された6匹の子猫。次々に命を落とす中、最後に残った1匹の運命は…

野良猫のアシュビーは、5匹の兄弟たちとともに、鉄道公社の整備工場で発見されました。

 
まだ赤ちゃん猫の彼らには、昼夜問わずのお世話が必要です。

そこで心優しいウェンディさんが里親として全員を引き取り、面倒を見てくれることになりました。

難病との闘い

これで一安心、となるはずでしたが…

数日と経たないうちに、異変が起こり始めます。

食欲がみるみると減衰していって、中には食べることを止めてしまう子もいたそう。

哺乳瓶に吸い付くことすら、しなくなってしまって…

理由は全く分かりませんでした。

ただ、なんとなく「ただの好き嫌いではないな」と直感したんです。

 
調べてみると…

赤ちゃん猫たちは、『猫汎白血球減少症』と呼ばれるウイルス性の感染症にかかっていました。

食欲がないのも、食べたものもすぐに排出してしまうのも、この病気が原因だったようです。

彼らはとても幼くて、体も小さかった。

この感染症にかかって生き残る確率は、とても低かったんです。

私は、彼らの命を救うチャンスがあるのなら、どんなことでもしよう、と決意しました。

 
ウェンディさんは、寝る間も惜しんで子猫たちの看護を続けましたが…

アシュビーを除く5匹は、残念ながら息を引き取ってしまいました。

 
「遅かれ早かれ、この子もまた、いなくなってしまうかもしれない…」

そんな不安をいだきながら、ウェンディさんは以前にもまして愛情深くアシュビーに接します。

 
アシュビーもまた、里親のウェンディさんが部屋に入ってくると、ベッドから飛び出して駆け寄って、甘えて見せたんだとか。

彼女は、頭をなでてもらうのが大好きで…

毛布をくしゃくしゃにしては、羊みたいな声で鳴いて喜ぶんですよ。

 
ウェンディさんは、アシュビーの部屋に「5匹の兄弟たちが生きた証」を飾り付けて励ましました。

 
すると、そんな気持ちに応えるかのように…

生後6週間を迎える頃から、彼女はオモチャで遊び始めるほど元気な様子を見せ始めます。

 
体の大きさはまだ3-4週間の子猫と同程度しかありませんが、それでもアシュビーの体には、エネルギーがみなぎっていました。

たくさん食べて、たくさん遊んで、たくさん眠って…

少し小さいかもしれないけれど、他の子猫と変わらないくらいに、懸命に生きていますよ。

関連:『自分がネコ好きになるとは』 子猫との出会いが、とある男性の運命を変えた!

奇跡の回復

やがて迎えた再検査の日。

告げられた結果は



『彼女の体内に、ウイルスはもう残っていない』という嬉しい知らせでした!

 
やっとの思いで、健康を取り戻したアシュビー。

天国へと旅立ってしまった他の兄弟たちの分も、幸せな生活を送ってくれるようにと祈るばかりです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ