出産した4匹の子猫が全て死亡。それでも母猫には…まだ『希望』が残っていた


タグ

アメリカ・ワシントンで発見された野良猫のシェルビー。

妊娠していた彼女は、発見されてまもなく、4匹の赤ちゃんを出産しました。

 
その後、一家は野良猫の保護活動を行っている団体に引き取られ、シェルビーはそのまま避妊処置を施すために病院へと連れていかれましたが…

 
そこで驚きの事実が判明します。

 
なんと、彼女のお腹の中には…

まだ1匹、「赤ちゃんが取り残されていた」のです。

残された希望

新たな出産に備えるべく、里親としての経験が豊富なジョンさんが、身重のシェルビーと赤ちゃんたちを一旦引き取ることにしました。

 
シェルビーが最初に生んだ4匹の赤ちゃんのうち、不幸にも3匹がすぐに死亡。

そして唯一生き残った子猫・スパーキーも、誕生から4日後、母親の腕の中で息を引き取ります。

 
まさにその日…

シェルビーは5匹目の赤ちゃん・リジーを出産しました。

リジーは、ちょっとうるさいくらいに、元気よく鳴く子猫でした。

力強く、食欲も旺盛で、お母さんから母乳をもらおうと必死になっていましたね。

 
たった独りになってしまった我が子に、シェルビーは全ての愛情を注ぎ込んで育てます。

お腹の下で温めてあげたり、体を綺麗にしてあげたり、とにかく片時も目を離すことはありませんでした。

 
やがて生後2週間ほどが経つと、健康的に体重も増えたリジーは、すっかり遊びたい盛りを迎え…

色んなものによじ登ったり、誰彼構わずじゃれついたり、すこぶるやんちゃな振る舞いを見せ始めます。

 
もちろんお母さんのことも大好きで…

呼ばれると一直線にダッシュしていって、思いっきり甘えるんだとか(*´∀`*)

 
一方のシェルビーも、大人の猫としてはかなり甘えん坊。

 
性格の似ている2匹の母娘は、よほど気が合うのか、眠るときまで仲良しみたいです。

関連:夫にベッタリの飼い猫が、急に自分へ懐いた。後に判明した「驚くべきワケ」は?

いつまでも一緒に

その後、里親の養育期間が終わり…

シェルビーとリジーは、幸運にも一緒の家庭に引き取られていきました!

先住猫とも無事に仲良くなれたようです。

 
4匹の我が子を失った果てに、たった1つだけ守り抜くことが出来た命。

互いを宝物のように想いあう親子は、これからもさらに絆を深めながら、幸せな日々を過ごしていくことでしょう。

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ