『自分がネコ好きになるとは』 子猫との出会いが、とある男性の運命を変えた!

テレビの司会者やモデルとして活動する著名人のマーク・ネルソンさん。

彼が独りぼっちの子猫と出会ったのは、フィリピンのアクラン州にて、友人宅を訪れたある日のことでした。

友人の娘が、その子猫のことを教えてくれたんです。

どうやらビーチの近くで、野良犬に襲われていたみたいで…

 
娘さんはどうにかして野犬を追い払ったのですが、子猫はその後すぐに逃げ出してしまったそう。

私は彼女に、その出来事があった場所に案内してくれるように頼みました。

そこはビーチ沿いにココナッツの木が生え並ぶ、自然豊かな場所で…

しばらく探してもう日が暮れるかという頃に、小さな鳴き声が聞こえて、そこでようやく子猫を見つけることが出来ました。

初めての飼育

痩せ細り、マークさんの手にすっぽりと収まってしまうほど小さい子猫。

そのまま独りぼっちにして放っておけば、また野良犬などに襲われてしまう可能性もあります。

 
もしかしたら母猫が近くにいるかもしれないと、念のため少し待ちましたが、結局現れることはありませんでした。

私は彼女をタオルで来るんで、子猫を育てている他の友人のもとへと連れて行きました。

彼女は、子猫用の人工ミルクや、段ボールで作った家を譲ってくれたんです。

その日の夜は、私にとって、猫と一緒に過ごす初めての夜になりました。

 
子猫を育てた経験がまったくないマークさんは、頼れる人からあらゆる意見を募って、必死に勉強したそう。

こんなにたくさん覚えなきゃいけないことがあるなんて、本当にビックリしました!

ご飯もちゃんとしたものを与えなきゃいけないし、動物病院にも連れて行かないといけないし…

トイレも覚えさせて、ノミのケアもして、ベッドや遊び場を作ってあげて、とにかくやる事が多いんです。

けれど、愛情をもって接することだけは忘れないようにしましたね。

 
努力の甲斐あって、ナラと名付けられた彼女は無事に成長していきます。

生後8週間ほどの頃には、ご飯も固形のキャットフードを食べられるようになり、やんちゃ盛りを迎えました。

一緒にいるときは、できるだけ遊んであげるようにしています。

彼女といると、自然と笑顔にさせられちゃいますね。

関連:里親の家で7匹の仲間に出会った子猫は…1番小さな体で「リーダーの座」を狙う!

芽生えた絆

優しい飼い主のマークさんが大好きなナラ。

朝は耳を舐めたり甘噛みしたりしてマークさんを起こす一方…

自分から首や肩にしょっちゅう乗っかっては、そのままウトウトしてしまうのだとか(笑)

正直、自分がネコ好きな人間になるとは思いもしませんでした。

ナラが私を変えてくれたんです。もちろん、良い意味で。

 
やがて彼女は、こんなに立派な大人の猫へと変身しました!

 
とはいえ、大きくなっても甘えん坊な性格は変わらない様子。

これからも優しい飼い主さんにめいっぱい愛されながら、幸せに暮らしていくことでしょう(*´艸`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ