飼い主に先立たれ、過酷な路上生活を強いられた猫。それでも生き抜いた果てに…

南ロサンゼルスに住むオス猫のハロウは、飼い主に先立たれ、帰る場所を失ってしまいました。

 
彼は何度も家の中へ戻ろうとしたものの…

悲しいことにその願いは叶わず、やむなく路上生活を開始します。

 
その後、過酷な暮らしをを経てハロウの体は傷つき、片方の耳は炎症によってしぼんでしまいました。

最悪の状態からの脱出

しかしついに救いの手が差し伸べられます。

彼の苦境を知った地元の愛護団体が、ハロウを施設に迎え入れることにしたのです。

ハロウの体毛はもつれ、耳は傷つき潰れていました。

さらに口内炎があり、歯はボロボロ。

去勢もされていません。

本当に大変な環境で暮らしていたのだとわかりました。

 
誰からも世話を受けていなかったハロウは、半飢餓状態の上、タンパク質不足。

さらに貧血、上気道感染症などいくつもの健康上の問題を抱えていたといいます。

 
そんなひどい状態にあったハロウですが…

診察中はまるで「助けてくれてありがとう」と言っているかのようにずっと鳴き続けていたそう。

周囲が「もうダメかもしれない」と諦めかけるたび、彼は何度も持ち直し、皆を驚かせました。

ハロウは気力を振り絞って戦い、生き延びようと必死でした。

そんな彼を見て、私たちも「精一杯サポートして一緒に戦おう」と決めたのです。

 
そして数週間が経ち…

賢明な看護と自身の「生きる気力」のおかげで、ハロウは上気道感染症を克服。

体重も増え、ようやく元気になりました(*´∀`)♪

 
スタッフは全快を祝し、イメチェンを決行します。

6日間かけて絡まりあった毛をキレイにして、お風呂に入れてあげました。

体を洗ってあげている間、まるで天使のように大人しくて、ずっと嬉しそうな声で鳴いていたんですよ。

関連:里子として子猫を預かった家族。そこへ、新たに「子犬」が加わった結果…!?

苦難を乗り越えて

見違えるように元気になったハロウ。

加えて、年下の子猫たちに紹介されると…

 
すぐに心を許し、目を輝かせて、一気に若返ったように見えたとか。

 
子猫たちも穏やかで優しいハロウを慕い、いつもそばに寄り添います。

 
施設で再び愛を見つけた今、次に彼が求めるのは「生涯の家」。

想像を絶する過酷な環境にいたハロウも、ついに家族の一員として愛される時がくるのです。

 
どうか素敵な飼い主さんと出会い、幸せな人生を送ってくれるよう願ってやみません(*^ω^*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ