里子として子猫を預かった家族。そこへ、新たに「子犬」が加わった結果…!?

ある日のこと。

ロサンジェルス在住のロレインさんは、生後3週間の子猫3匹を里子として引き取りました。

 
やがてみんな明るくて健康な子猫に成長し、うち2匹は素敵な家族のもとへ旅立つことに。

最後の1匹、ライラと名付けられた子猫も自分の番を待っていたのですが…

 
彼女が生後5ヶ月の時、ロレインさんのもとにやってきた1匹の子犬との出会いが、彼女の運命を変えてしまいます。

現れた親友

子犬の名前はコーダ。体はライラと同じくらいの大きさです。

彼らは少し匂いを嗅ぎ合って、すぐに意気投合しました。

全てが完璧に思えた瞬間だったわ。

 
ライラはコーダの姉として振る舞い、甲斐甲斐しく世話を焼きます。

彼女はコーダとじゃれ合うのが大好き。

しょっちゅう彼の体を舐めてキレイにしてあげているわ。

彼の姿が見えなくなった時は、鳴いて探すの。

 
猫でありながら、犬とのコミュニケーションも慣れたもの!

ライラは弟をはしゃぎ回らせるのが楽しくてしかたないみたい。

彼女がただ視線を送るだけで、彼が全力疾走始めるのよ。

一体どうやって合図を出しているのか謎だわ。

 
そんな彼女とともに過ごしていたために…

コーダはしばらく、自分が「猫」だと思っていたようです(笑)

最近、 同じジャーマン・シェパードの犬仲間ができたから、やっと自分が何者か理解できたみたいだけど。

 
こうして2匹は互いに飽きることなく一日を過ごし…

遊ぶのも寝るのも常に一緒なのだとか。

関連:不思議な巡り合わせで出会った母犬と子猫は…やがて「本当の家族」になった

時が経っても

ライラとコーダが出会って1年。

成長するにつれ、絆はさらに深まりました(*^▽^*)

初めは里子としてやってきたライラが、コーダと出会って…。

まさに運命としか言いようがない。

もう彼女のいない生活なんて考えられないわ。

 
これからも、種族の壁を越えて…

「世話好きな姉」と「手のかかる弟」は、仲良く幸せに暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ