バッグに詰められ、ゴミに出された猫。それでも彼は「人間への愛」を抱き続けた

ある日、カナダ・アルバータ州に住む女性が、ごみ収集用のコンテナの中で「動いているバッグ」を見つけました。

不審に思い開けてみると、中から別のバッグが。

そして、その中に…

 
なんと、衰弱しきった猫が入っていたのです。

 
女性はすぐに保護団体Alberta Animal Servicesに助けを求め、駆けつけたメンバーによって、猫は救急病院へと運ばれました。

諦めない!

すぐさま開始された懸命の処置。

 
怪我と飢えに加え、耐え難いほどのトラウマに苦しむ彼は、一晩持つかどうかわからないような危険な状態です。

 
しかし、病院のスタッフは決して諦めず…

その強い想いに答えるように、彼はなんとか一命を取り留めます。

 
それから1週間



 
そこには見違えるように回復したヒロの姿が!

 
少し不安定ながら、初めて自分の足で立ち上がることができたとき…

彼はまず、お世話をしてくれる人の元へすり寄って行ったそう。

ひどい経験をしたにもかかわらず、とても愛情深いんです。

看護師が来るのがわかると、すぐに喉を鳴らして甘えに行きます。

 
腰の手術を終えると、ヒロはますます健康を取り戻し…

 
走り回って遊ぶほど、元気になりました。

関連:高速道路で発見した子猫。最初は手に噛み付くほど怯えていたけれど、やがて…!

一丸となって

そして2ヶ月が過ぎた頃。

 
彼は新しい家族の元へと旅立って行きました。

 
念願の日を迎え、施設のメンバーは、思わず喜びの涙を流したといいます。

メンバーが一丸となって、ヒロを地獄から救い出すことができました。

施設で50日も過ごし、あらゆる悪い予感をはねのけて、彼は生き抜くことができたのです。

 
過酷な試練を経験したにも関わらず、人間への愛情を忘れなかったヒロ。

 
彼が二度と寂しい思いをすることのないよう、切に祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ