引っ越して初めて…男性は、新居に「可愛いルームメイト」がいることを知った!

デトロイト在住のスティーブン・オースティンさんが、新居への引っ越しを終えて数日たったときのこと。

彼は庭の茂みの中から、1匹の子猫がコチラを覗いているのに気づきます。

近づいて行ったらこちらに向かって歩いてきてくれたんだけど、かなり緊張していたね。

 
どうやら野良猫として生まれ、母猫になんらかの理由で置き去りにされてしまった様子です。

一人ぼっちで震える彼女を、肩に乗せて撫でてあげると…

 
すぐに緊張も解け、「助けてくれてありがとう」と感謝するように喉を鳴らしたといいます。

友人の助け

引越しの荷ほどきなどで忙しいスティーブンさんの代わりに、彼の友人が子猫を動物病院へと連れて行ってくれました。

 
獣医から処方された目薬を差し、ノミも除去。

病院から戻ってすぐ、友達はご飯をあげてくれた。

子猫は腹ペコみたいだったからね。

 
お腹が一杯になったら、膝の上にとび乗ってリラックスタイムです。

 
顔を撫でられ、とっても気持ちよさそう。

 
その夜、お腹も心も満たされた彼女は、安心して眠りにつくことができました。

関連:400日も新たな家族を待ち続けた猫。ユニークな試みで、遂に理想の家族に出会う

2度目の保護

実はスティーブンさんは、過去にも「似たような経験」をしていたのだとか。

すでに飼っていた2匹のうち1匹は、15年前に野良猫だったのを僕が保護したんだ。

この子猫も大歓迎だよ。

 
これまで得られなかったものを、まとめて取り返すかのように、新入りの子猫はご飯をたくさん食べ、ご主人にたくさん甘えます。

 
新居が「子猫つき」だったことは、スティーブンさんにとっても予想外だったと思いますが…(笑)

これからも3匹に増えた家族と共に、楽しく暮らしていって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ