一見すると普通の猫、しかし…? フランスで捕獲された「伝説の生物」がコチラ

フランスのコルシカ島で、世にも珍しい動物が発見されました



 
外見はかなり猫に近いですが、発達した犬歯や短いヒゲ、大きく平たい耳に縞模様のしっぽなど、変わった点も多く…

 
何より通常の猫の全長が平均46cmほどであるのに対し、その全長は90cmと、およそ2倍もあります。

 
一連の特徴から「キツネネコ(Cat-Fox)」と呼ばれるこの生物は…

コルシカ島で暮らしていた羊飼いの間で、昔から空想上の存在として語り継がれていたそうです。

関連:保護した4匹の子猫。大切に育てると、『奇妙な特徴』が現れ始めて?

 
国立狩猟・野生動物事務局の主任環境技術者を務めるピエール・ベンデッティさんも、興奮を隠せません。

これはすばらしい発見です。

彼らは元々自然界に生息していた種だと思われますが、極めて人目につきにくく、かつ夜行性だったために…

「いる」とされていたものの、それが科学的に認められていたわけではありませんでした。

 
現在、コルシカ島内では16頭ほどが生息していると推測されており、数年以内には公的に認知され、保護される見込みなのだそう。

 
未だ謎だらけの「キツネネコ」。

研究が進めば、更に驚くべき生態が明らかになるかもしれませんね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ