怯えて逃げ回り、保護しても威嚇をやめない子猫。しかし、猫缶を開けた途端…!

アリゾナ州のとある会社で働くリサさんは、オフィスの外を散歩している最中に、どこからか聞こえる「キーキー」という音に気が付きました。

すぐにその声の主が子猫だとわかったので、「ミャー」と声を出してみて、返事をしてくれるか試していたの。

その後、通りかかった同僚に「警備員が早朝に1匹1匹子猫を運んでいる母猫を見た」っていう話も聞いた。

 
1匹だけ迷子になったか、置き去りにされたんだという結論になって…

みんなで保護しようとしたんだけど、逃げ回るから捕まえるのが難しかった。

 
彼女たちは、どうにか猫を捕まえようと策を練ります。

捕獲大作戦

子猫はジャンクションボックスの後ろにいた。

私たちの姿が見えると、ビックリしたのかすぐに鳴き止んだわ。

大きさは生後4週間ぐらい。

外は37.8度もあって暑かったし、そのままそこにいたら死んでしまうと思ったの。

※ジャンクションボックス=電線の結合・中継・分岐などが行われる地点を保護するもの

 
一帯は駐車場で、車通りも多く危険。

同僚がダンボール箱を持ってきて、これ以上逃げられないよう、ひとまず出口の片方を塞いでくれましたが…

子猫は怯えきっており、リサさんの手が届かない位置から動こうとしません。

 
その後、梱包するときに使うチューブ型の緩衝材でつついて、ダンボール箱の方へ追い込み



ようやく保護に成功!(*^ω^*)

「フロントに子猫を預けているから、少しの間家に帰りたい」と上司に申し出たの。

上司も動物が大好きな人だから、快く許してくれたわ。

 
家に着いた後も、子猫は恐怖で震えながら威嚇を繰り返します。

しかし、リサさんが側についてなだめるうち…

だんだん落ち着いてきて、甘え声をあげるように(´∀`=)

 
そしてご飯をあげようと猫缶の蓋をあけると、すぐに駆け寄ってきました!

よほどお腹が空いていたのでしょう。

 
すでに2匹の猫を飼っていたリサさんは、少しばかり、どうすべきか悩んだものの…

その晩、主人が彼女を抱き上げた時…

私たちはもうこの子から離れられないと感じたわ。

 
新しく家族の一員になった子猫に、夫婦は一風変わった名前をつけました。

私たちの他の2匹の猫はそれぞれカラミティ(災難)、カタストロフ(大惨事)という名前なの。

だから彼女は「メーデー」と呼ぶことにしたわ。

見つけた時は助けを求めて鳴いていたし、生まれたのも5月1日に近かったから、実際ピッタリな名前だった。

 
一歳年上のカタストロフは、新しくできた妹をすぐに受け入れます。

カタストロフとメーデーは大の仲良し。

毛並みを整えるのも、遊ぶのも、寝るのもいつも一緒よ。

メーデーは7歳のカラミティとも、うまくやっているわ。

関連:『うちの猫は外で何してるの?』 監視カメラを見てみたら、「嬉しい発見」が!

素敵な仲間に囲まれて

保護された時は生後4週間ほどだったメーデーも、すっかり成長して1歳になりました。

努力も虚しく母猫はついに見つかりませんでしたが、彼女は幸せいっぱいの様子です。

今まで飼った猫で一番いい子。

穏やかだし、甘えたり遊ぶのが大好きなのよ。

 
素敵な先輩たちと飼い主さんに囲まれながら…

これからも、健やかな日々を送っていけるよう願うばかりです(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ