3匹の捨て猫を救ったのは…不思議な縁で結ばれた、耳の聞こえない母猫だった

ある日、アメリカ・インディアナ州の預かりボランティア・バーブさんは、耳の聞こえない妊娠中の猫・ハニーを引き取りました。

 
その後、彼女は4匹の猫を出産しましたが…

内2匹は、残念ながら命を落としてしまいます。

 
残った子どもたちは、なんとか守ってあげたい…。

母乳の量が少ないハニーのために、バーブさんは昼夜を問わずミルクを与え続けました。

本当に思いやりのある母親で、片時も子猫たちから離れようとしません。

ご飯を食べることも忘れてしまうほどです。

新しい家族

そうして二人三脚で育児を続けていたバーブさんの元に、保護団体Allen County SPCAから連絡が入りました。

母親を必要としている子猫がいる。

 
いわく、彼らはゴミが入った袋の中に、5匹の子猫を見つけたといいます。

 
バーブさんは、そのうち3匹を引き取り、ロイ、ニシキ、ノリと命名。

 
小さな子猫たちは彼の家に移されましたが…

健康チェックも受けていなかったため、しばらくはハニーと別々の部屋で過ごしながら、ケアをすることになりました。

 
そして数週間後…

ついに「初対面の日」が訪れます。

 
ドキドキしつつ、3匹をハニーに会わせてみると…

 
すぐに母性が目覚めたのでしょう。

我が子を愛おしむように、彼女はせっせと毛づくろいを始めてくれました。

人間以外の親を持つのは、とても大切なことです。

ハニーの子どもたちにとっても、兄弟が多ければ学ぶことも多いでしょう。

そしてなにより…ハニー自身が、本当に嬉しそうでした。

関連:どこからか聞こえてきた猫の声。必死に探した結果、見つかった場所は…!

「すべての出来事には、意味がある」

5匹の猫は、もみくちゃになりながら寄り添います。

すべての出来事には、意味があるのです。

ハニーが2匹の子どもを失い、それと同じ頃5匹の子猫が捨てられて…

それを偶然にも誰かが見つけ、巡り巡って新しい母猫に出会うことができました。

そして、彼女は3匹もの新しい子どもたちを育てることになったんです。

 
おっしゃる通り…

彼らの姿を見ていると、はじめから「不思議な縁」が存在したと信じずにはいられません。

 
血の繋がりを問わず、5匹の子猫へ溢れんばかりの愛情を注ぐハニー。

 
とても献身的で頑張りやさんな彼女に、心からの拍手を送ります(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ