悲しいお別れをした猫の家族。つらい経験を乗り越え「永遠のおうち」を見つける

ある日、ワシントンを拠点に活動している動物保護団体「Progressive Animal Welfare Society」が、母猫と3匹の子猫を保護しました。

 
彼らに安心して子育てできる場所を提供するため、里親ボランティアをしているアシュレイさんが、一家の世話を担当することになります。

 
ところが…

懸命にお世話をしたにもかかわらず、3匹の子猫のうち一匹が息を引き取ってしまいました。

 
深い悲しみを抱えつつ、スプリンクルスと名づけられた母親猫とアシュレイさんは、協力しながら残された2匹の子猫のケアに専念します。

良きチームワーク

やがて母親猫は、アシュレイさんに絶大な信頼を寄せるようになりました。

わたしが子猫たちのお守りをしている間に、彼女は食事をするんです。

 
そんな連携プレーが功を奏し、それぞれフリッター、ココと名付けられた子猫たちもすくすく成長していきます。

 
彼らが小さかったときには、片時もそばを離れようとしなかったスプリンクルス。

しかし、少しすると2匹を連れておうちの中を探検し…

猫としての「生きる知恵」を授けはじめました。

 
ママとアシュレイさんの愛情をたっぷり受けて育ったフリッターとココはとっても仲良しです。

 
遊ぶのも眠るのも、いつも一緒。

 
ぽかぽかとお日さまの温かい日差しが差し込む窓のそばが、2匹のお気に入りの場所なのだとか。

 
ぬいぐるみのように可愛らしいだけではなく、わんぱくでいたずらっ子の面も。

2匹がふざけ合って家中をドタバタと駆けまわったときには、アシュレイさんも思わず呆気にとられてしまったといいます(笑)

関連:授乳のため、子猫を職場へ連れていった女性。結果…同僚たちがメロメロに!?

皆で一緒に

やがて、ママと子猫たち、みんな一緒に引き取ってもらえるおうちが見つかりました!

新しいおうちの人たちは、彼らのことがもう可愛くって仕方がないみたい。

みんな、これ以上ないくらい幸せそうです。

 
辛いこともありましたが、彼らはついに「生涯の居場所」に落ち着くことができました。

これからも家族みんなで、いつまでも仲良く暮らせることを願っています。

 

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ