残酷な捨て方をされ、弱った子猫は…優しい人々のもとで『奇跡の回復』を遂げた

なんとも痛々しい姿の子猫。

 
たまたま通りがかった親切な人に見つけられ拾われたとき、彼女はおそらく、まだ生後3週間ほどだったといわれています。

そして現場の様子から…

どうやら飼い主によって、「車から投げ捨てられた」ようでした。

戦いの始まり

拾った人はすぐに、米フロリダ州ニューポートリッチーにある動物保護団体(SPCA Suncoast)に連れていきます。

診察後、発疹と肺炎を患っていることが判明。

子猫はまさに、生死の境目をさまよっていました。

 
それでも、施設のスタッフが24時間体制で看護を続け…

体重はわずか255グラムしかなく、哺乳瓶からミルクを飲むことさえできなかった彼女も、だんだんと生きる力を取り戻します。

 
名前は『エイプリル』に決まり、呼吸を楽にする吸入をおこなったことで、容体も安定し、食欲も出てきました。

 
さらに10日後、体重は14グラム増え、注射器からミルクを飲めるまでに回復!

 
そしてある朝、体を濡れ布きんで拭いてあげているときに…

ついに自分から毛づくろいを始めます。

 
ようやく見せてくれた、猫らしい行動。

「これでエイプリルも大丈夫だ!」

親身になって手当てしたスタッフさんは、思わずFacebookで喜びを爆発させました。

関連:やがて別れるとしても…ボロボロだった子猫は、『素敵なママ』から愛情を学んだ

愛情を受けながら

 
こちらの施設に引き取られてから1か月、エイプリルは予想以上の勢いでどんどん元気になっていきました。

 
彼女が診察室にいると、白黒猫のヒューゴーがお見舞いにやってきます。

彼も保護された身であるからこそ、同じ境遇にあったエイプリルの気持ちがわかるのかもしれません。

 
肺炎もよくなり、スタッフさんもほっと胸をなでおろします。

私たちはみんな、エイプリルを溺愛しています。

幼いときから人間とのふれあいに慣れているので、とても面白い性格をしているんです。

 
救出から2か月後には新しい飼い主さんも見つかりました。

もう、辛い思いはおしまいです。

 
彼女のこれからの日々が幸せにあふれることを、心から祈ります。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ