やがて別れるとしても…ボロボロだった子猫は、『素敵なママ』から愛情を学んだ

バージニア州で、草の陰に隠れていた所を保護された3匹の子猫。

地元の愛護団体の懸命な捜索にも関わらず、母猫が戻ってくることはなかったため…

彼らは、里親ボランティアのデビー・ハリスさんのもとへ引き取られます。

 
体はノミだらけで汚れていて、骨と皮だけに痩せているというひどい状態。

中でも際立って体が小さかった子猫・オピーは、感染症のせいでまぶたが完全に閉じてしまっていました。

彼は際どい状態だったわ。

体がものすごく小さくてやせ細っていて、大きさはネズミぐらいしかなかった。

 
うちに来た時は全く元気がなくて。

もし人からケアを受けていなかったら、生き残れなかったと思う。

懸命なケアのすえに…

お風呂に入れてもらい、ご飯もたっぷり与えられ、暖かい寝床も用意してもらった子猫たちは…

次第に元気を取り戻し、鳴き声もあげるように。

 
さらにデビーさんは、母親代わりとなる猫と引き合わせ、3時間毎の食事に加えてビタミン剤を与えます。

 
すると…

2週間ほどのケアで、全員すっかり回復!(*^ω^*)

 
相変わらず一番小さかったオピーは、目の感染症の治療も受けた後、徐々に他の兄弟へ追いつく成長ぶりを見せたそうです。

オピーが私のケアで回復したのが本当に嬉しくて言葉がないわ。

胸がいっぱいよ。

彼は温熱パッドやふかふかのブランケットがお気に入り。

膝の上に乗ったり、抱っこされるのも大好きなの。

元気に声をあげるし、本当に彼の力になれてよかったわ。

 
もちろんオピーも、デビーさんに深い愛情を抱いている様子。

「私がこの子のママなんだ」ってことを、いつも実感させてくれるの。

彼は生きる意思が強かった。

今では人生を本当に楽しんでいるし、私への感謝も毎日示してくれるわ。

関連:捨てられた子猫たちを必死に守る親猫。保護した結果、「意外な事実」が判明した

里親の役目

デビーさんは、「素敵な飼い主さんを見つけてあげること」こそ里親ボランティアの醍醐味の一つだと語っています。

猫たちが巣立っていく時は、嬉し涙が出ちゃうの。

そしてまた新たにケアの必要な猫たちを迎え入れるのよ。

 
別れるために育てる。

寂しさもあるに違いありませんが…それでも活動を続ける彼女のような人々がいるからこそ、小さな命は紡がれていきます。

 
これからもたくさんの猫が、「優しさ」の力によって救われることを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ