車の下で見つけた野良の子猫が、初対面なのにグイグイ距離を詰めてくる! 放っておけず、飼い主探しに付き合ってあげた結果…?

米ジョージア州ディケーターに暮らすジェイソンさんは、とあるレンタカー置き場にて子猫の鳴き声を耳にしました。

隣の車の真下から、ニャーニャーという声が聞こえてきました。

膝を屈めて覗き込むと、すぐさま子猫が私に駆け寄ってきたんです。

 
近づいてきた子猫は、手の匂いをくんくんと嗅ぎ、それから顔を擦りつけて甘え始め…

さらにはジェイソンさんの後にくっついて、ニャーニャーと鳴き続けていたのだとか。

飼い主を探して

周囲に母猫の姿はない上に、雨が降っていたせいで子猫の体は冷え切っていました。

正直に言って、幼い猫の面倒を見るゆとりはないものの…このまま彼を見捨てていくことなんて、できるはずがありません。

 
もしかしたら、誰かに飼われていたかもしれない。

そう思ったジェイソンさんは、まず地元の保護施設へと向かいます。

 
しかし、迷い猫の情報はなし。

施設の方にも、「これ以上手伝ってあげられることはない」と言われてしまいました。

 
仕方なくジェイソンさんは、彼をいったん自宅で保護することに決めたそうです。

家へと向かう道中、すっかりジェイソンさんに心を許したらしい子猫は…

膝の上に乗っかって、そのまま眠りに落ちてしまいました。

 
ご飯を食べさせてあげた後は、自宅で飼っていた犬を紹介。

人懐っこい性格の子猫は、初対面の犬とも、あっという間に仲良しになりました。

 
飼い猫としての適性は、どうやらバッチリのようです(*´∀`*)

関連:ご飯をあげても絶対にその場で食べない猫。ついて行くと子猫がいた!

飼い主が見つかった

そして子猫を保護してから1週間ほど経ったころ、友人が「ぜひうちで引き取りたい」と申し出てくれたそう!

 
これで安心、と思う一方で…

 
やはりジェイソンさんも、別れの寂しさは拭いきれなかったといいます。

彼は誰にでもフレンドリーで、素晴らしい性格の子猫でした。

今でも時々、友人宅を訪れて、彼に会いに行きますよ。

 
ポパイという名前をもらい、去勢やワクチン注射も終えて、今ではVIP待遇を受けている子猫。

離れて暮らすことにはなったものの…

素敵な飼い主と引き合わせてくれた恩人に、深く感謝していることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ