耳が聞こえない2匹の子猫。互いの声は届かずとも、彼らは深い絆で結ばれていた

タグ

とあるバレンタインの日、物静かでのんびりした野良猫のサディが、7匹の子猫を産みました。

 
1匹だけタキシード模様だった子を除いて、全て白猫だった彼らは…

生後7週間を迎えたとき、カンザス州オーバーランド・パークの愛護団体「Purrfect Pets Cat Adoptions」で里親ボランティアをしているホリーさんによって引き取られます。

 
一番小柄の子猫ココナットとオパールはつきっきりのケアが必要な状態でしたが、2日後無事に体重も増え、元気を取り戻しました(*^ω^*)

 
これでようやく一安心。

かと、思われたのですが…。

意外な事実

白い猫は耳が不自由なことが多いから、みんなに彼らもそうなんじゃないかと聞かれたの。

だから耳がちゃんと聞こえるかどうかテストすることにしたわ。

 
まず最初にテストで使ったのは掃除機。

猫たちが静かに座っている状態の時に、掃除機をつけたり消したりして、どの猫が音に怯えたり逃げ出したりするか試してみたの。

 
すると…

7匹の子猫のうち3匹は何も起きてないかのように、無反応だった。

 
その後ホリーさんは、彼らが眠っている時に頭の上でオモチャを鳴らしてみましたが、やはり起きることはなかったそうです。

さらに…

私が部屋に入ってきて大声で話したり拍手をしても、耳が聞こえないから全く起きる気配はなかったわ。

でも手を鼻に近づけたり、ご飯の缶を開けると鼻をヒクヒクさせていた。

匂いは嗅げるから、それでやっと起きる感じだったわね。

 
様々な方法で調べた結果、一番大柄なイエティ、そして小柄なココナットとオパールは耳が聞こえないことが判明。

しかし、3匹は障害を気にもとめていないかのように、元気に遊びまわっていました。

 
彼らにとって、生まれた時から耳が聞こえないのは当たり前で、それで不自由を感じたこともないのでしょう。

 
こうしてホリーさんのケアで無事に育っていった子猫たち。

ココナットとオパールはまだケアが必要だったため手元におかれましたが、耳の不自由なイエティも含め、他の5匹は引き取られて行きました。

 
すると…ホリーさんは、「ある事実」に気が付きます。

ココナットとオパールは耳が聞こえない分、匂いの感覚と視野の素早さがもの凄いの。

もしかして聞こえているんじゃないかと思ってしまうぐらいよ。

関連:強面バイカーが、ガソリンスタンドで出会った運命の相手。それは…

ずっと一緒に

さらに彼女を驚かせたのは、その絆の強さでした。

彼らは起きている時も寝ている時もいつも一緒。

ココナットはオパールが見えなくなると、彼を探して鳴くんだけど…その音も届かないのが悲しいわ。

 
運命を感じずにはいられないほど、お互いの存在を必要としていた2匹。

 
健気に、それでいて日々を目一杯楽しもうとするその姿は…

見ている我々にも、大きな勇気を与えてくれますね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ