寂しがり屋の子猫に、施設スタッフが用意したプレゼントは…新しい相棒だった!

オーストラリア・メルボルンの愛護団体「Cheltenham Cat Rescue」に保護されたとき、ケイリーはまだ生後数ヶ月程の幼い子猫でした。

 
そして、とっても寂しがりやな彼女のために、団体スタッフは「あるクリスマスプレゼント」を用意します。

それが



新しい「相棒」のジャクソンです!

彼はケイリーより数ヶ月年上で、お腹を撫でられるのが大好きな甘えん坊です。

2匹は出会ってすぐに大の仲良しになり…

以来ずっと、ジャクソンは彼女の一挙一動を見守って、立派なお兄ちゃんとして振舞っています。

ケイリーはジャクソンより体が小さいことを利用して、彼が見ていない時に忍び寄ってからかい、追いかけっこをして遊ぶことを覚えました。

自分の3倍の大きさがある相手に対しても、全く怖気付くことはないみたいですね。

それぞれ個性的な性格で、ジャクソンは大人しくて気立てがよく、ケイリーは自立していて意志が強いです。

 
家中をふざけまわってひとしきり遊んだ後は、一緒にお昼寝の時間です。

夜寝る時も、昼寝をする時も、2匹は寄り添って寝ています。

その際、ジャクソンはよくケイリーをなめてあげるんですよ。

 
面倒見の良いジャクソンが大好きなケイリーは、彼の姿が見えなくなると、すぐに探し回るのだとか(*´艸`*)

まるで、本当の兄妹みたいですね。

関連:猫の保護施設を訪れた女の子は、そこで「最高の妹」を見つけた!

 
そうして半年間を一緒に過ごし、彼らはすくすくと成長。

フォスターケアを卒業する時がきました。

 
2匹の仲良しぶりを知る団体スタッフたちは、どうにか一緒に引き取ってくれる人を探しているとのことです。

 
ケイリーとジャクソンがこれからもずっと最高の相棒同士として、幸せな人生を送れるようお祈りしています(*^ω^*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ