猫に襲われるリスを発見! 慌てて助けようとしたら…どうしてこうなった!?

アンドリュー・デイさんが、アメリカ・メイン州のバンゴーにある両親の家を尋ねたときのこと。

ふと窓の外を見ると、1匹の猫がリスを襲っています。

 
助けなければと思い、デイさんは急いで外へ飛び出すと…

そこには、予期せぬ光景が待ち受けていました!

 
襲われていたリスは、1匹ではなく4匹。

それも、「全員のシッポがひとつに絡み合っていた」のです!

関連:【ナイスバディ】 リス園に行ったら、「むっちゃセクシーなリス」が撮れた!

 
デイさんは、海外メディアのインタビューに対し、当時の状況を説明しました。

猫を追い払った後、木のそばで、風車みたいになった子リスたちを見つけた。

動画には、彼らの母親の叫び声も入ってる。

一家みんなで道路を横切ろうとしたときに、運悪く猫が現れて…

木の上に逃げた母リスは、子どもたちがついてこれない事に気づいて、大声で鳴いてたんだ。

 
日曜で動物管理局が休みだったため、地域の猟区管理人に連絡したのですが、到着までには時間が掛かるとのこと。

やむなく、デイさんとお父さんは、リスたちを自力で助けることにしました。

 
疲れ切ってヘトヘトになっている彼らを捕獲し、段ボール箱へ入れて、その尻尾をよく見てみると…

まるでドレッドヘアーみたいになっていたんだ。

いくらかのワラと小枝、それにプラスチックも混ざっていたね。

 
巣作りに使った素材がそのまま絡んでしまった、という線が有力と思われるのですが、ハッキリとした原因はわからなかったそう。

そして…

1時間半かけて、ハサミで毛を切った。

もはや手術だったよ。

彼らの無事を報告できて嬉しい。

 
その後、猟区管理人のアドバイスで、子リスたちは母親の待つ森へと返されました。

まさに前代未聞の珍事…こんなことがあるんですね( ;∀;)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ