とある家の屋根から救助された猫7匹。その中の2匹には、特別な絆があった


タグ

「家の屋根に、猫の一家がいる」

そんな連絡を受けたロサンゼルス市内の愛護団体Alley Cat Rescueが罠を仕掛け…

 
2日かけて、母猫と2匹の子猫を保護することに成功します。

 
その後、3日目に2匹の子猫、更に4日目にもう2匹の猫を救助し…

 
計7匹の大家族は、無事に全て救助されました。

 
保護された猫たちの中でも、白と茶の子猫・ナターシャとグレーの子猫・イゴールは、片時も離れないほど仲良しでした。

 
最初は警戒して怯えていた彼らも…

里親ボランティアたちに世話されるうち、どんどん人間へと心を開き始めます。

飼い猫の快適さがわかってきたのか、甘えた鳴き声もあげるようになったそう。

警戒している子猫を慣らすのは時間がかかります。

彼らは屋根で生まれ、保護されるまで全く人間との接触がありませんでした。

だから飼い猫として引き取られるには訓練が必要です。

 
ブランケットに包んで触れてあげながらオヤツをあげたり…

一緒に遊んで話しかけてあげたりするのも効果があります。

そうしたコミュニケーションを繰り返す中で、保護猫たちと打ち解けられたときが、本当にこの仕事をやっていてよかったと思える瞬間ですね。

 
もちろん、そんな風に環境が変わっても、生まれてからずっと一緒だった2匹の絆は揺るぎません。

 
遊ぶのも寝るのも常に一緒。

お互いを励ましあうかのように、寄り添って生活していたといいます。

関連:ギネスに認められた『世界一長い飼い猫』は、家族愛のデカさも規格外だった!!

 
その後、母猫は去勢手術を受け、世話してくれる人の家に移されました。

一方、ナターシャとイゴールはどうなったかというと



 
無事、一緒に引き取ってくれる人が見つかったとのこと!(*´▽`*)

 
離れ離れになることなく、本当に安心しました。

彼らに続き、保護された全ての子猫が、幸せな人生を歩んで行くよう願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ