先輩に無視され、泣いていた新人看護師が数年後…「とある発言」にハッとした

外科医けいゆう (@keiyou30)さんが投稿した、「組織の人間関係」をめぐる呟きに注目が集まっています。

 
「されたからする」ではなく、「されたからしない」。

仰る通り、負の連鎖を断ち切る上で最も大切な姿勢です。

 
辛い経験が結果ととして糧になる場合もあります。

しかし…そうした経験をしないですむ方法があるのなら、それを選ぶに越したことはありません。

 
世の中にはびこるイジメやパワハラなどの問題をなくすためにも…

この考え方は、ぜひとも広まっていってほしいですね。

関連:上司を激怒させた研修生たちの「マナー違反」。その内容に絶句した!

 
ネットの反応

●「私らの時代はもっとひどかった」までセットです

●新人いじめは教育効果が非常に低い憂さ晴らしにすぎないと思います。教育のように思ってる人がいますが

●和装産業も同じか更に酷いです。修行中数年は無給か最低賃金以下でしか雇われず、雑用をし、怒鳴られイビられ…10年経ってもまだ女性だからと差別される

●あたしの周りは、自分がされて辛かったことをしないで後輩と接していました。少しずつゆっくりかもしれませんが、変わっていくと思ってます

 
ハッとさせられる一幕に、他のユーザーたちからも共感の声が沸き起こっていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ