ギネスに認められた『世界一長い飼い猫』は、家族愛のデカさも規格外だった!!

イングランド、ウェークフィールドで暮らすメインクーンのルドは、2015年10月、「世界一身体の長い飼い猫」としてギネスに認定されました。

 
生まれたときから大きかったルドの体重は、1歳の誕生日を迎える前には、すでに約9キロにもなっていたそうです。

 
そんな彼のほかに、この家にはアーロンとクルムという2匹の猫がいます。

アーロンは大きなルドにくっつくのが大好き!

 
クルムはルドと同じメインクーンの猫ですが、そのサイズはルドの約半分です。

 
2匹と比べると、ルドがどれだけ大きいかわかりますね。

関連:道端で出会った見慣れない野良猫。後に飼い主が見つかるも、「悲しい事実」が判明した

 
そして体の大きいルドは、家族に対して抱く愛情の大きさもピカイチ!

弟のライダーくんが生まれたばかりの頃は、見守ることに夢中だったそう。

 
実はライダーくんのお兄さんであるキャメロンくんが赤ちゃんだった頃も、ルドは同じようにそばに寄り添い、面倒を見ていました。

 
もちろん、キャメロンくんが成長した今も、2人はとっても仲良しです。

 
ジャンボな体と心を持つルド。

これからも大好きな一家とともに、楽しい毎日を送っていくことでしょう!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ