大ケガを負い、3本足となった猫。その結果…彼女に予期せぬ「良い変化」が起きた


タグ

オーストラリアの南東部の街メルボルンで、ある日右足に酷い怪我を負った子猫が保護されました。

健康状態もかなり悪く、すぐにも獣医の助けが必要です。

人をひどく恐れているようで、隙を見て何度も逃げようとしていました。

 
残念ながら、負傷した足はもう助からない。

そう判断した医師たちは、苦渋の思いで手術に当たります



 
3本の足で生きていくこととなった猫。

命に別状がなかったことだけが、救いでした。

 
すると、その後…

彼女に予期せぬ変化が表れ始めます。

まるで、全く別の子猫に生まれ変わったようでした。

まだ少しシャイですが、抱き上げられて撫でられても平気になりました。

甘えて喉をゴロゴロと鳴らしてくれることさえあるのです!

 
状態も安定したため病院を退院し、今後は継続的に適切なケアを受け続けるべく、保護団体Chaltenham Cat Rescueの元で回復に努めることが決まりました。

 
ピンクと名付けられた彼女は、さらに預かりボランティアの元で健康を取り戻していきます。

とても自信に満ち溢れた子猫です。

好奇心も旺盛で、人がしていることすべてに興味があるんです。

 
遊ぶのが大好きなピンクは、3本の足で他の猫に負けず劣らず身軽に動き回るそう。

自分の障害なんて少しも気にしていない様子です。

 
初めは人を恐れていた彼女も、今ではすっかり甘えん坊になりました。

寝る時間には近くにすり寄ってきて、ベストな居場所を見つけて寝っ転がります。

とっても素敵な湯たんぽですね(笑)

関連:『もの凄く浮かれてる』 幼い保護猫を家族に迎え入れた日、誰よりも喜んでいたのは?

 
次の大きなステップは、一生を共にする新しい家族探し。

人懐っこくて、誠実で、やんちゃで、ちょっぴりクレイジーで…。

つまり彼女はいつでも全力で、精一杯生きているんです。

 
愛らしくてまっすぐな性格のピンクに、素晴らしい未来が訪れることを祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ