【子猫】道でさまよっていたシャイな子猫が、保護された先で面倒見のいい「お兄ちゃん猫」と出会った結果…?

ある日のこと。

ひとりぼっちで道をさまよっていた子猫が、動物保護シェルターに保護されました。

 
やせ衰えた彼は、フィンと名づけられ…

里親ボランティアのアリーさんのお家に迎え入れられます。

面倒見のいいお兄ちゃん

アリーさんの家には、小さな里子たちのお世話をしてくれる先輩猫のゼットがいました。

 
心優しいゼットは、新しい環境に戸惑ってケースから出てこれない子猫に気づくやいなや…

すぐさま頭を擦り寄せ、優しくキスをしてあげます。

 
温かな歓迎に、怯えていたフィンも安心できたようです。

 
それから1週間もしないうちに、2匹はどんどん仲良くなっていきました。

フィンはお兄ちゃんの後ろをついて歩き、なんでも真似をしようとします。

 
一方、ゼットも小さな弟をよく可愛がり、猫らしく生きる術を教えました。

一緒に遊ぶのはもちろん、いたずらを仕掛けるのも、眠るのも一緒です。

お兄ちゃんのぼっちゃりしたお腹にもたれかかって…

嬉しそうにのどをゴロゴロと鳴らすんですよ。

関連:引っ越し先の新居で、どこからか子猫の鳴き声が聞こえる? 飼う気はなかったものの放っておけず、見つけて世話をしていたら…

第二の人生が開けた

しばらしくて、とある家族がフィンに一目惚れします。

新しいパパの膝の上で眠ってしまいました。

きっとそれが「決め手」になったんだと思います。

 
めでたく決まった、生涯のお家への引っ越し。

かつてシャイで臆病だった子猫は、ゼットのおかげで自信を獲得し、幸せな未来をつかみ取ったのです。

 
これからもパパとママにたくさんの愛情を注がれながら…

すばらしい人生を歩んでいくことでしょう(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ