そっけない態度の先住猫。それでも「新入りの子猫」は諦めなかった!

カリフォルニア州の保護団体Carson Animal Shelterに運び込まれた子猫。

カールした耳と、一般的な猫よりも指が多い「多指症」と呼ばれる特徴を持った彼女は、ドミノと名付けられました。

 
やがて、一緒に保護された兄弟猫にはすぐに引き取り手が現れたのですが、彼女の引っ越し先は一向に決まりません。

 
人や猫の出入りが激しい施設の環境に完全に圧倒され…

ドミノはいつも、ケージの端に小さくなって怯えていたといいます。

 
しかし、そんなある日。

保護団体Friends for Life Rescue Networkの創設者であるジャクリーン・ディアモールさんの手助けもあって、ついに「縁談」が決まりました!

 
受け入れを申し出たのは、エリカさんとニックさん。

 
ドミノも初めこそ小さなうなり声をあげていましたが…

それはすぐにゴロゴロという甘え声に変わります。

 
ただ、新生活には一つだけ問題が。

 
大きな愛でドミノを受け入れた2人とは裏腹に…

先住猫のシャーロットが、なかなか心を開いてくれようとしなかったのです。

 
何とか距離を縮めようと、一直線にすり寄って行くドミノ。

彼女のことを母親のように思っていたのかはわかりませんが…

とにかくずっとまとわりついていました。

 
そんな態度も裏目に出てしまい…

彼女が近づくたび、シャーロットは「来ないで」と言わんばかりに逃げて行きます。

 
それでも、ドミノの決意は変わりません。

まるでシャーロットの愛を勝ち取ることが自身のミッションであるかのように、毎日必死にコミュニケーションを試み続けました。

 
そして



 
おもむろに毛繕いを始めたシャーロット。

ついに彼女は、小さな友人を受け入れてくれたようです!

関連:路上で「子猫の死体」を発見したトラック運転手。そして、ある奇跡が起こった

 
念願叶ったドミノは…

なぜかビックリ顔(笑)?

 
あまりにも嬉しすぎて、まだ少し気持ちが追い付いていないのでしょうか(*´艸`*)

 
ようやく結ばれた2匹の絆は…

これからもっともっと、深くなっていくに違いありません!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ