試合後、握手せずに走り去ったテニス選手。マナー違反かと思いきや?

海外掲示板で話題を呼んだ、男子テニスの試合における一幕。

 
通常は試合終了後、すぐに両者が近寄り、握手やハグを交わすのですが…

 
負けてしまったドゥディ・セラ選手が、何を思ったか、どこかへ走り去ってしまいます。

 
呆然と立ち尽くす対戦相手のイボ・カロビッチ選手。

 
すると、間もなくセラ選手が戻ってきました。

 
その手には



1脚のイス!!

 
彼の意図を理解したカロビッチ選手も、笑顔を浮かべています!

そして…

 
同じ背丈になった2人は、しっかりとハグを交わしました!!

 
身長211cmのカロビッチ選手に対し、身長175cmのセラ選手。

36cmもの差を埋めるため、戦い方のみならず、こうした部分でも事前に対策を練っていたようです(*´艸`*)

関連:W杯、コロンビアのサポーターが見せた『試合後の行動』に頭が上がらない

 
思わずニンマリしてしまう瞬間を、ぜひ動画でもご覧ください!

 
ネットの反応

●素晴らしいスポーツマンシップだ

●セラ選手は相手だけじゃなく、観客も喜ばせようとしてくれたんだね

●ラケットを置き、両手でハグに応じたカロビッチ選手も素晴らしい

 
テニスが「紳士のスポーツ」と呼ばれる所以を、改めて垣間見ました(*´ω`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ