『自分を愛してほしい』 子猫の願いは、1人の女性によって叶えられた

フロリダ州レイク・ワースにあるトレーラーハウスの駐車場で、「丸くて小さな何かの塊」を発見したカルメン・ウェインバーグさん。

 
不思議に思い近づいてみると…

なんと、それは弱り切った子猫でした。

 
辺りを見回しましたが、母猫の姿は見えません。

彼女は、一人ぼっちで座っていました。

気づいてもらいたくて、人通りの多いあの場所を選んだのでしょう。

誰かに助けてもらいたかったのだと思います。

 
痩せっぽっちの小さなトラ猫は酷い健康状態で、一目見ただけですぐにでも獣医の助けが必要だとわかりました。

猫の保護団体Animal Friends Projectの創設者でもあったカルメンさんは、すぐに自ら子猫の捕獲に乗り出します。

 
彼女が潜り込んだ車の横に捕獲用のケージを仕掛け、中にご飯を置いて待つと



 
匂いにつられて、子猫はすぐに罠へと掛かりました。

ケージの扉を閉めても、まるで気にせず、夢中でご飯をむさぼります。

健康状態を調べるために外へ出すと、ようやく安全な場所に来れたことにほっとしたかのようにリラックスしていました。

いくら撫でられても満足しない姿を見ると、本当に愛に飢えていたのだと思います。

 
ノミだらけで寄生虫にもかかり、さらに貧血にもなっていた彼女。

カルメンさんはお風呂でその体を綺麗に洗い、少しでも早く本来の元気な姿を取り戻してもらうため、栄養療法を始めました。

お風呂の後、体を乾かしている間はずっと喉をゴロゴロと鳴らしていました。

 
エステラと名付けられた彼女は、快適な家でどんどん元気になって行きます。

 
お世話してくれる人がそばに来ると、すぐにボールのようにくるんと丸まって、撫でられている間中ずっと甘えるのだそう。

関連:『庭に入った』だけで、家主に尻尾を掴まれた母猫は…悲しい物語

スポンサードリンク

 
ミルクにビタミンを加えた大好きな食事を与えてもらいながら、今まで失った分の健康と愛を順調に取り戻していく日々。

 
発見した当時のエステラの姿を思い出しながら、カルメンさんは語ります。

もう誰も彼女を無視することはできません。

明るく輝いていますから。

 
かつて孤独だった子猫は、これからもたくさんの愛に包まれて…

その輝きをますます増していくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ