『庭に入った』だけで、家主に尻尾を掴まれた母猫は…悲しい物語

タグ

その日、オーストラリアの動物保護団体「Sawyers Gully Animal Rescue」のオーナー、ディー・ワルトンさんは、留守電に1件のメッセージが残されているのに気がつきました。

 
電話の主は、自宅の庭で野良猫の親子にごはんをあげているという女性。

再生してみると



近所に住む住民が、母猫の尻尾をつかんでトレーラーに投げつけた。

※イメージ

 
動機は「自分の庭に入り込んだから」、たったそれだけでした。

母猫は、ピクリとも動かなくなってしまったといいます。

 
ワルトンさんがそのメッセージを聞くころ、留守番電話を残した女性の手によって、生後1週間の子猫たちは庭の安全な場所に移されました。

そして母猫の遺体は、ひとまずそのままの場所に安置されることに…。

 
しかし翌日。

ワルトンさんが現場に行ってみると、驚くべきことが起こっていました



なんと、「母猫が息を吹き返し、子猫たちが保護されていた場所まで移動していた」というのです!!

※イメージ

 
後にプリンセスと名付けられた彼女は、発見されたとき、トレーラーに投げつけられた衝撃から下半身が麻痺し、前足しか動かせない状態になっていました。

ワルトンさんは言います。

前足だけを使い、這いながらあの場所に戻るのには…

きっと、とてつもない時間がかかったでしょう。

関連:深い悲しみに襲われた女性を救ったのは、鳴き声を上げられない子猫だった 8枚+

 
プリンセスは自力で排泄することができず、一生介護が必要な体になってしまいました。

それでも、ワルトンさんの自宅で、しっかりと子猫たちの面倒を見ていたとのこと。

 
団体はプリンセスを生涯保護し、守り抜くと決めました。

 
その後…何の罪もない母猫の命をオモチャのように弄んだ犯人は、逮捕されたそうです。

自分がどれだけ辛くても、子猫たちのことが心配で心配でたまらなかったプリンセス。

母の強さや子どもを思う気持ちに、胸がいっぱいになるお話でした。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ