瀕死の子猫を救った男性は、後にもう一つの「大仕事」を成し遂げた!

米ロサンゼルス州在住のキャメロン・ベンダーさんが、家のガレージ近くで見つけた1匹の子猫。

 
彼は数日前から、キャメロンさんの家の周りをウロウロしているのを目撃されていたのですが…

その日は、やけにぐったりとした様子だったといいます。

 
子猫の首を見ると、複数の傷口がありました。

どうやら、大人の猫に噛まれた痕のようです。

 
キャメロンさんは、急いで彼を動物病院へと連れて行きました。

そして、すぐさま適切な処置が行われますが…状態はよくなりません。

 
これは長期戦になるかもしれない。

キャメロンさんは、そのまま子猫を動物保護センターへと連れて行きます。

人生で一番長いドライブのように感じました。

子猫は全く動かなくて、それでも優しくたたいてやると、身動きはするんです。

私は、彼が必死に生きようとしているのだと理解しました。

 
子猫は、介護士のコートニー・ビーンさんの手に預けられました。

すると、どうやら首の傷のせいで、一時的に首から下が麻痺してしまっていたことが判明します。

 
保育器に入れて、定期的にマッサージを施すなど、懸命に看病を続けながら…

コートニーさんは「すぐに良くなる、ここは安全だ」と、何度も彼に伝え続けたそうです。

 
そんな看病の甲斐もあって、子猫は徐々に元気を取り戻していきました。

彼はとても強い意志の持ち主で、ミルクも自分の力で飲もうとするんです。

麻痺している足をどうにか動かして、保育器の中を動き回ろうともしていました。

 
後日、キャメロンさんがお見舞いに来る頃には、すっかり自力で歩けるほどにまで回復。

そして、子猫は発見者である彼の名前にちなんで、「カメロン」と命名されました。

 
そして、さらに嬉しいことが起こります。

キャメロンさんがある日、カメロンのもとに1匹の子猫を連れて現れたのですが





 
その子はなんと、カメロンの兄弟猫でした。

 
キャメロンさんいわく、彼もまた、カメロンを見つけたガレージ近くの同じ場所にいたそうです。

関連:『庭に入った』だけで、家主に尻尾を掴まれた母猫は…悲しい物語

 
すぐに一緒に遊び始め、互いの体に寄り添いあう2匹。

その後、「ジダン」と名付けられた新たな保護猫とカメロンは、里親のもとで共に暮らしながら、十分な成長を待って引き取り先を探すことになりました。

 
コートニーさんは、今回のキャメロンさんの行動について、最後にこう語っています。

彼は、出会ったばかりの頃からカメロンをずっと気にかけてくれていました。

動物保護の仕事に携わる中で…

ああいう人を見ると、本当に頭が下がります。

 
優しい人の尽力で再び輝きを取り戻した、2つの命と兄弟の絆。

心がほっこりと温まる、素敵なエピソードでした。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ