13年間、「あるもの」を追いかけ続けた飼い犬。その夢を叶えるべく…

クリスティーナ・ヨークさんの愛犬・コディは、生後6週間の頃から13歳になるまで、外に出かけるたびにじっと木を眺めていたそう。

 
その熱い視線の先にいたのは…

リスです!

 
13年間、来る日も来る日も「狩り」を試みては、失敗を繰り返していたコディ。

そんな様子を見続けてきたヨークさんは、何とか彼に達成感を味あわせてやりたいと考えました。

 

今年の後半に、コディは14歳になるの。

そろそろ余生にやりたいことをリストアップし始めないと…。

その最優先項目が、『リスを捕まえること』だったわ。

 
そしてヨークさんは思い立ち、コディへ、ある「プレゼント」を渡します。

 
それは



一生懸命に探した、「リスのぬいぐるみ」でした!

 
念願叶ったコディは大喜び(*´艸`*)

しばらくの間は、まるで子犬に戻ったみたいだったわ。

尻尾を振り、床を叩き、部屋中リスを振り回してはしゃいでいたの。

それからずっとイチャイチャしてる。

どこへ行くのも一日中一緒よ。

関連:森で孤独に生きる犬と、不安障害の女性。2人の出会いは運命だった

 
今もコディは、優しく愛情たっぷりにリスを抱きしめ続けているとのこと。

たぶんこの子は13年間ずっと、「友達」を見つけようとしていたんだと思う。

 
満足げな表情に、見ている私たちまで幸せな気分になりますね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ