ゴミをクマから守る任務に就いた犬。しかし「ある大失敗」をやらかす

カナダ・オンタリオ州のジェシーさん宅に暮らす犬・ブリックベリー。

彼には自宅のゴミ捨て場を荒らされないように見張る、番犬としての役目が課せられていました。

 
しかし…

ジェシーさんのツイートによると、そんなブリックベリーが、とんでもない「大失敗」をやらかしてしまったといいます





番犬としての仕事はただ一つ。

侵入者に吠えて蹴散らすこと。

簡単だろう?

 
でもクマは、「鹿の骨」でブリックベリーを買収することを学んだらしい。

 
この手口でゴミを荒らしたのは、これで3度目なんだ!

 
なんと彼は…

あろうことか敵であるクマから「賄賂」を受け取り、win-winの関係を築いていたというのです!

 
犯行現場は、このように悲惨な状態…。

 
今回の事件を伝えるツイートは、大きな話題を呼び…

1日でなんと35,000回以上もリツイートされてしまいました(笑)

 
ブリックベリーは番犬として失格でしたが、言うまでもなく、ジェシーさんにとっては変わらずとっても可愛い家族です。

ブリックベリーはブリックって呼ぶと反応するんだ。

マスチフ犬にビーグルが混ざった雑種で、最高の奴さ。

彼の母親は出産数日後に死んじゃったから、僕が育てた。

 
子どもに優しい。

言うまでもなく、クマにもね!

 
またジェシーさんいわく、犯人であるクロクマは「大型のアライグマみたいな存在で、狂犬病にかかっているとかじゃない限り襲ってこない。僕の犬は安全だよ」とのこと。

彼らは森林に住んでおり木の上に逃げることができるため、他の動物から身を守る必要がほとんどなかったゆえに、灰色クマや北極クマのように獰猛ではないそうです。

そのかわり、というべきか…非常に賢く平和的で、取引上手な一面があるのかもしれません( ;∀;)

関連:育児放棄されたトラの子どもたち。救ったのは、1匹の元野良犬だった

 
ネットの反応

●犬の給料が安いんじゃない? クマがもっといい条件を出すならそっちを取るに決まってるわ。世の中資本主義だからね

●正しい選択だ。飼い主が鹿の骨を犬にあげてたら、その骨を守るためにクマに吠えていたはず。従業員にタダ働きさせちゃダメだね!

●少なくとも交渉してたわけだから…クマと犬の関係は歴史的には最悪だけど、これは異種同盟がうまくいったケースだわ

●ハニー・ハイストの戦術みたいだね!

※ハニー・ハイスト=オンラインRPGの一つ。プレイヤーはクマの犯罪者グループの一員として作戦を練り、はちみつを盗む

 
情けない姿が全世界に拡散されてしまったブリックベリーですが…

もしも次のチャンスがあれば、ぜひとも汚名返上するべく頑張ってほしいですね(*´艸`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ