路上で「動くゴミ袋」を発見した女性。おそるおそる開けてみると…

メリッサ・サージェント・ルイスさんが、勤務先の小学校に車で向かっていたときのこと。

しばらく走っていると…路上に何かが落ちているのを発見しました。

 
それは、黒いゴミ袋。

 
そのまま通り過ぎようとしたとき、彼女は、”ある異変”に気が付きます。

 
袋が、「動いている」のです。

 
「中に生き物がいる」と確信したルイスさんは、車から出てゴミ袋に近づきます。

口が固く閉じられていたため、慎重に角を破き、中をのぞくと…

 
そこには明るい日差しを目にし、嬉しそうに尻尾を振る1匹の子犬がいました。

 
犬は首輪をしていましたが、飼い主に関する情報はわかりません。

そのまま放置することなどできるはずがなく、一旦家に帰るわけにもいかなかったので、ルイスさんは子犬を膝の上に置き、学校へと向かいました。

 
車中に置いていけないので、やむをえず一緒に校内へ。

突然犬を連れて出勤した彼女に校長は驚いていたものの、事情を説明し、その後息子さんに引き取りに来てもらったそうです。

 
病院で診察してもらうと、幸い何も異常は見つからなかったため、予防注射のみ受けさせることになりました。

飼い主に捨てられたのか、連れ去った誰かが放置したのかは分かりませんが、いずれにせよ、人間の手によって子犬が殺されかけていたことは明らか。

ルイスさんは大変憤慨しながら語ります。

どうしてこんなことができるの?

動物をゴミ袋に入れて道路脇に捨てるなんて、本当に冷酷な人が悪意を持ってやったとしか考えられないわ。

 
その後、ルイスさんは彼を「へフティ」と名付け…

 
新たな家族として迎え入れることに決めました。

Malissa Sergent Lewisさんの投稿 2016年8月25日木曜日

 
あのまま誰にも気付いてもらえなかったら、ヘフティは命を落としていたことでしょう。

心無い行為に言葉を失うとともに…

彼が優しいルイスさんのもと、永遠に幸せな日々を送れるよう願うばかりです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ