70年以上前、祖母が貰った別れの手紙。孫が気づいた『ある秘密』とは

台湾人 (@Taiwanjin)さんのおばあちゃんが70年以上前に書いてもらったという、友達からの手紙。

春だ春…

草木も なびく常夏の蓬莱へ

御旗は はためく 青天の

元気を 失はず 新しき出発よ

気と心で結ぶ 新台湾

では さやうなら

 
達筆で書かれた、情緒あふれる別れの言葉。

そして、これを見た台湾人さんは「あること」に気が付きました



 
「春草御元気で」

手紙にはもうひとつ、万感の思いを込めたメッセージが隠されていたのです。

 
70年の時を越えて届いた、仲間からの激励。

 
受け取った本人でなくとも、胸が熱くなるのを抑えられませんね。

 
ネットの反応

●粋な手紙です

●感動しちゃった

●なんて素敵で切ないの

●泣かせられる…

 
感動的なエピソードに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ