多くの人々を救った災害救助犬・ダイコ。彼が迎えた「悲しい結末」を忘れてはいけない

2016年、エクアドルでマグニチュード7.8の地震が起こった時のこと。

4歳のオス犬・ダイコは、災害救助犬として震源地近くの観光リゾート地・パードナレスでレスキュー活動に参加しました。

 
国内外問わず、目覚ましい活躍を見せてきた賢いダイコ。

すでに600人以上の死亡が確認されたなか、これ以上の犠牲を出さないためにも、彼の助けが必要不可欠だったのです。

 
ダイコは持ち前の嗅覚で、がれきの下に生き埋めにされた人を次々と発見。

合計7人の被災者を助け出していきます。

 
絶望がひしめく凄惨な状況において、またしても彼は救世主となりました。

そして任務を完遂し、本部へ戻った直後



ダイコは、命を落としてしまったのです。

 
死因は、過労と脱水症状。

獣医によって緊急の措置が行われたものの、そのまま息を吹き返すことはありませんでした。

 
周囲の人間たちが異変に気づけないほど…

我を忘れて、最後まで力を振り絞り、懸命に人々を探し回ってくれたのでしょう。

 
悲劇を知った人々からは、SNSを通じてたくさんの追悼メッセージが寄せられました。

●ダイコは救助活動にその身を捧げてくれた

●ありがとう、ダイコ

●これまで救助にあたってくれた多くの被災地で、そして今回パードナレスでの君の勇敢な活動を本当に感謝している

 
我々は、我々のために戦ってくれた彼のことを、決して忘れてはいけません。

ダイコ、本当にごめんなさい。

そして、本当にありがとう。

 
レスキュー隊とともに、人命救助へ全力を尽くす犬たち。

普段から、建物が崩れ落ちた場所で足を切ったり捻挫したりすることは、珍しくないそうです。

彼らの無事を願うとともに…活動の安全をサポートしてくれる「災害救助ロボット」などの開発が、今後も滞りなく進んでいくことを切に祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ