元ノラの黒猫の子猫がやってきた新居には、優しいラブラドールがいた! 友情を深めていく2匹の物語に、心が癒やされる

アメリカ・ノースカロライナ州の道端で、母猫とはぐれ一人ぼっちでさまよっていた子猫のベアは…

救急隊員に保護され、保護団体Sparkle Car Rescueの預かりボランティア・サラさんに引き取られました。

 
身体は小さくても驚くほど食欲があり、特にご飯が欲しい時には大きな声で知らせます。

構ってもらうのも大好きで、タオルに包んでもらうと嵐のように喉を鳴らしていたのだとか。

 
元気を取り戻すにつれ彼の魅力は花開き、数週間後には子猫用の囲いの外へも冒険を始めました。

部屋中ジャンプしたり、走り回ったり…

 
動くものすべてをオモチャにしてしまうほど、やんちゃに育っていったそうです。

一目惚れ

この頃、彼の姿をインスタグラムで見て一目惚れしてしまったケルシーさんとケイシーさんが、引取りを申し出ます。

やがて迎え入れられた彼らの家では…

10歳のラブラドール・ライリーも、ベアの到着を待っていました。

 
恐れ知らずのベアは、さっそく彼女の元へ走り寄ると耳で遊び、キスもし始めます。

 
とても優しいライリーは、ベアがどれだけイタズラをしても気にしない様子。

彼女はもうすぐ11歳になるんです。

いつも猫と暮らしていたので、他の動物にとても優しいんですよ。

 
その後も彼らはどんどんと絆を深め、ベアは影のようにライリーの後をついて歩くようになりました。

関連:セラピー犬として警察署に配属されたラブラドールレトリーバー。しかし、その任命式で…可愛すぎる「失態」を犯してしまう!

ずっと一緒に

探検するときもイタズラするときも、暖かく見守ってくれるライリーに…

ベアは毛づくろいでお返しをします。

 
仲良しの2匹の絆は、これからもっともっと強くなっていくことでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ