2人の暴漢に襲われた女子大生。パニックになったその時、彼女を救うべく現れたのは?

イギリスの大学に通っていたブラッドリーさんは、ギリシャ旅行の最中、男性2人組に声をかけられました。

そして、誘いを断った途端…

いきなり彼らに腕を掴まれ逃げられなくなってしまいます。


※イメージ

 
何をされるのかとパニックになってしまった、その時でした!

たまたまその場に居合わせた野良犬が、男性たちに飛びかかり…

そして、男性たちが諦めて立ち去るまで、しつこく吠え続けたのです。


※イメージ

 
幸運にも野良犬にピンチを救われたブラッドリーさんは、無事滞在先のホテルへと急いで戻りました。

その間も、野良犬はずっと彼女の後をついてきます。

さらには、ギリシャからイギリスへ戻るために、タクシーで空港へ向かったときにも、その野良犬は彼女を追いかけてきました。

 
ブラッドリーさんは当時を振り返り、こう語っています。

2人の男に絡まれた時、犬は何か良くないことが起こっていると直感的に感じて、私を救ってくれたのだと思います。

しかも、その後もずっと私についてくるんです。

空港へ向かう車までも追って走ってくる姿には、何とも言えぬ切ない気持ちになりました。

そのとき連れて帰ることは出来なかったのですが…

何だか絆を感じて、「必ず迎えに来る」と心に誓ったんです。

 
2週間後、ブラッドリーさんはイギリスから再びギリシャへとやってきました。

約束通り犬を迎えに来たのです。

 
野良犬ゆえに、手掛かりは一切なし。

それでも、ブラッドリーさんは必死になって辺りを探し回り





ついに、奇跡の再会を果たしました!!

 
彼女は、この「恩犬」にペッパーという名前を付けます。

そして、1人と1匹は一緒にイギリスへと帰国しました。

スポンサードリンク

 
その後、ペッパーはブラッドリーさん宅で6匹の子犬を産み、立派な母親となったそう。

 
勇敢な行動で飼い主を救った彼女には、この未来が見えていたのでしょうか?

 
運命を感じずにはいられないお話でした!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]