息子の部屋に「銃弾」が飛び込んだ! 駆け付けた母が見たのは、血まみれの床と…

ある日の早朝、アメリカ・ペニンシルバニア州で、背筋も凍るような事件が起こりました。

 
アンジェリーナ・サイプさん宅の3歳の息子、デマールくんが眠っている部屋めがけて…

あろうことか突然、「銃弾」が飛んできたというのです。

 
頭の中が真っ白になりながら、急いで息子の部屋に駆け付けたアンジェリーナさん。

すると…

我が子は、気持ち良さそうに寝息をたてています。

 
一体、銃弾はどこへ…!?

 
慌てて部屋を見回すアンジェリーナさんの目に映ったのは、床に寝そべる飼い猫のオピーの姿。

 
その体は…血で真っ赤に染まっていました。

 
「弾は、この子に当たった」

状況を理解したアンジェリーナさんは、息も絶え絶えな飼い猫を連れて、すぐさま病院へと駆け込みます。

 
銃弾はオピーの肩と首を通り抜け、頭まで貫通していました。

 
状況を推測すると、どうやらオピーの頭部を貫通した銃弾が、次にデマールくんが眠る枕に当たり、そこから跳ねたようです。

 
アンジェリーナさんは語ります。

もしもオピーがそこにいなければ、銃弾は息子に直撃していたでしょう。

 
オピーの悲惨な状態を見た獣医さんからは、安楽死という選択の提案もありました。

しかし…図らずとも息子の身代わりとなって散りかけている小さな命を、絶対に諦めるわけにはいきません。

アンジェリーナさんは、オピーのために自分にできる限りのサポートをすることを胸に誓いました。

 
そして



手術は成功!

 
排液チューブと包帯を身につけた姿は痛々しいですが…命が無事で、本当に何よりです。

スポンサードリンク

 
オピーの事件は現地のニュースでも広く報じられました。

 
家族の愛情を受けて、今も健康な日々を過ごしていることを願わずにはいられません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]