優しい飼い主を探すべく、保護施設が猫たちに教え込んだ『ユニークな芸』とは?

現在、アメリカの動物保護施設では、猫の里親探しを後押しする「ある取り組み」が広がっています。

まずは、こちらの動画をご覧ください!

 
本来は人懐っこい性格の猫でも、抑制された空間内の生活でストレスが溜まった状態では、訪れた人たちに上手くアピールできない可能性も考えられます。

 
そこでスタッフさんたちは、彼らに可愛らしい「ハイタッチ」を教え込むことにしたそうです。

 
そして、このアクションにはさらにもう一つ、別の大きな目的がありました。

 
前の飼い主との悲しい別れや過酷な野良生活を強いられてきた猫たち。

そんな彼らに、ハイタッチを通して優しい人間と触れ合いながら、お互いの信頼関係を取り戻してほしいという想いも込められているといいます。

 
愛くるしい特技を習得した猫たちが、1匹でも多く新しい家族に出会えることを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ