iPS問題で「引責辞任」を口にした山中教授に、日本人は「応援する責任」を取れるのか

京都大学iPS細胞研究所の助教授が改ざんデータを含む論文を発表した問題で、先日センター長である山中伸弥教授が、「引責辞任も検討する」との旨を会見で述べました。

 
しかし…

ネット上では今回の発言を受け、扇動的なマスコミの質問に対する非難のコメント、および山中教授に対する「絶対にやめないでほしい」との声が続々と沸き起こっています。

※笹井芳樹=元京都大学再生医科学研究所教授。2014年に「STAP細胞問題」の管理責任を追及される中で首吊り自殺した

 
ただし、いわずもがな「研究に没頭できる環境」とは、単に批判のない社会を指すわけではありません。

それを理解した上でなお、「不正はもう咎めない。だから今まで通り日本にとどまってほしい」では、もはや説得力がなさすぎます。

 
素晴らしい研究者、そして世紀の研究を前にして、我々もまた「頑張れ」と口にすることの責任を問われている。

そのことを、断じて忘れてはいけないと思います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ