「競馬は単なるギャンブルじゃない」桜花賞の1着馬に寄り添い、涙を流していたのは…

4/9に行われた、JRA(日本中央競馬会)最高グレードのレースのひとつ、「桜花賞」。

圧倒的な強さを誇る猛者が勢揃いした中、1着をさらったのは、なんと8番人気の馬・レーヌミノルでした。

 
そして、そんな番狂わせの結果もさることながら…

どんまぃ (@never_mind3104)さんが投稿した、レース後のとある写真に注目が集まっています。

 
レーヌミノルに寄り添い、涙を流している男性は、彼女の調教助手である中井仁さん。

首をしっかり抱きしめ、その勝利を称えるだけでなく、「よくぞ無事に帰ってきてくれた」と安堵しているように見えます。

 
「競馬は単なるギャンブルじゃない」

どんまぃさんの言葉を集約したような光景に、深く心を打たれました。

Twitterの反応

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ