生活と仕事

「理系の学部を出ると、文章の強調語が減る」そのワケは…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「理系の学部を出ると、文章の〝強調語〟が減る」

そんな書き出しから、作家・マンガ原作者のRootport 𝄇(@rootport)さんは以下のようなツイートを投稿しました。

なるほど!(゜o゜)

主観を持ち込まない

客観的事実を重要視する傾向にあるのでしょうか。

曖昧な表現を使うことに抵抗があるというのは、理系あるあるなのかもしれませんね。

関連:京都大学のガイダンスで言われた『印象的な一言』は…

みんなの反応

●仕事では定性的表現が一切使えないので、その反動で日常生活では「これヤバすぎんだろ!」とか言ってしまう

●あまり意識はしてなかったけど、確かに比較したり数値化して表現しないといけない感覚はある

●大学時代の教授のスタンドが出てくるのあるあるすぎて笑う

●自分が文系で上司が理系で、まさにこれが面倒でしたww でも慣れてきたら楽!数値をベースに理論武装しておけば、感情論で覆らないから助かる

興味深い呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

スポンサーリンク
生活と仕事話題
シェアする
スポンサーリンク
今、あなたにオススメの記事
スポンサーリンク
こちらも人気
スポンサーリンク
こちらもオススメ
スポンサーリンク
BUZZmag