手洗いやマスク装着を徹底するも、インフルに罹った医師。原因は

おすすめ記事

「昔、私毎年インフルエンザにかかっていたんです」

そんな書き出しから、医師の筋肉博士 (@muscle_penguin_)さんは以下のようなエピソードを投稿しました。

気をつけねば…!

正しく使う

マスクに触れた手で目や口などを触ると、粘膜からウイルスが侵入してしまうのだとか。

顔を触る癖がある方は、『首から上を触らない』と意識するくらいがちょうど良いそうです。

今一度マスクの扱い方を見直すとともに、コロナに罹らないための努力を継続していきたいですね。

関連:ワクチンを接種する際の注意点について…ある呟きにハッとした

みんなの反応

●それですね。ウィルス単体で体内に侵入するのは稀なんですよね

●私もなるべく表面は触らないようにして外したら換える出かける度に換えるようにしてます!

●マスクをうかつにカバンに入れたりポッケに入れたりはいかんね…

●以前からたびたび言われてきたことですが、お医者さんの経験則による大事なツイート。私も気をつけたいと思います

有益な情報に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ