休憩中に車で寝ている土木作業員を見て、児童が抱いた感想は…

おすすめ記事

小学校教師のアイムフリー☺︎ (@TeacherhaGreat)さんは先日、児童からこんな質問をされたのだそう。

とても悩ましいですね…。

休みの概念

厚生労働省が公表した平成28年度の統計によれば、小学校教師の平均労働時間は11時間15分/日。

日頃から「休まず働く先生の姿」を目にしている児童にとっては、腑に落ちない光景だったのかもしれません。

「休み=悪」というイメージを持つことは、その後の生きにくさにも繋がってしまうため…

教師の働き方改革を進めるのはもちろんのこと、子どもたちにも「休みの大切さ」を教えていく必要がありそうですね。

関連:教師「小学生のタブレットは国からの貸与品です」続く言葉に…頭を抱えた

みんなの反応

●まず教員に休憩時間をきちんとあげるところから始めるべきなのでは、と思います。あと定時で帰らせてあげて…

●自分が子どもの時に、あまりに眠気が強くて休憩時間に机に伏せて寝ていたら先生に「体調悪いのでないなら起きて外で遊んできなさい」と言われたことが…。もしかしたらその子も同じようなことを言われたのかな?

●もし自分が学校の先生だったらそういう質問をされたら「何故工事の人達が車の中で寝てるのか?」を考えさせますね…。(場合によってはグループ学習のテーマにしてもいいかも)自分なりに理由を考えさせる想像力みたいなモノを身に付けさせてあげたいですね…

●おやすみを取ることが悪、みたいな風潮は全員で首絞めることになるだけだから、そろそろ終わりにしたいよね

考えさせられるお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ