ロンブー淳「良い解決策ありませんか」タクシー移動中に抱いた危機感とは

おすすめ記事

「良い解決策ありませんか?」

そんなコメントとともに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳 (@atsushilonboo)さんは『タクシー乗車時のエピソード』を投稿しました。

非常に難しい問題です。

理想と現実

リプライ欄には、以下のような意見が投稿されています。

人の命を預かる職業だからこそ、採用基準は厳しくすべきという声も多く聞かれますが…

働かなければ生活が成り立たない方への救済措置なしに、制限を強制するのが得策とは言えません。

個人や企業に判断を委ねるだけでなく、社会全体で議論を重ねていく必要がありますね。

関連:『受け手の気持ちを想像したら…』 SNSを巡る田村淳の「持論」に共感の声

みんなの反応

●年金や貯蓄だけでは食べていけない高齢者が多いということでしょう。ちょっと辛い気持ちになりました。しかし、タクシードライバーは人様の命を預かるお仕事でもあります。やはり、そういうお仕事に関しては定年を設ける必要はあるかと思います

●年金で少しはゆっくりできるようにできひんもんかなあ? 100歳まで働け、1億総活躍、自助が第一。これじゃあなあ

●自分もどう見ても80オーバーのタクシー運転手ですごく怖い思いをしたことがあります。足がプルプルしてるのか、信号待ちでもポンピングブレーキ状態で静止できずにずっと車が跳ねるように揺れてました。対策は2種免許に年齢制限を設ける、自動運転…くらいしか思いつかない

●技術うんぬんもありますが、法律、ルール、モラルも問題だと思います。僕は免許更新のたびに筆記試験からやってもいいと思ってます。そうすれば、高齢すぎるドライバーも、若くてもアレすぎるドライバーも淘汰されます、多分

考えさせられるお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ