『大統領就任演説』が行われた朝、アメリカの小学校では…。ハッとする話

おすすめ記事

バイデン大統領の就任演説が執り行われた朝。

アメリカ在住のKenji Shiraishi (@Knjshiraishi)さんは、お子さんの通う小学校から「ある連絡」を受けたそう



『中立性を保ちつつ、その意味を説明しようとする』

仰る通り、非常に素晴らしい方針ですね。

幼少期から関心を

幼いころから「社会の一員である」という認識を抱かせることは、本当に大切です。

政治は有権者だけのものではないと、改めて実感するお話。

投票率が伸び悩む日本においても、参考になる取り組みですね。

関連:ランドセルが買えない家庭のため…京都発祥の通学鞄『ランリック』が話題

みんなの反応

●日本もそうなってほしい。そうしたらもっと良い社会になる

●なんてすばらしい学校なんだ

●中立性を保ちつつ、幼少期から政治への関心を持つことを当たり前に感じさせてくれる、コレ大事よね

●素敵なエピソード、ありがとうございます。小学生の頃、担任の先生が良く戦争の話をしてくれました。授業は忘れちゃっても、朝の会の話は結構覚えてるんですよね

考えさせられる投稿に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ