愛犬を亡くした飼い主へ、獣医師がかけた『言葉』は…心が震える話

それは以前、もこ (@KmZN6Jh7Qk5ADH7)さんが愛犬を亡くしたときのこと。

担当した獣医師が、こんな言葉をくれたといいます



『動物にとってこの上ない幸せ』

心の傷を、そっと癒やしてくれるような一言ですね。

深い愛情

動物も人間も、「自分のせいで愛する人を悲しませたくない」という気持ちは同じはず。

避けては通れない別れを、可能な限り穏やかに迎えられるよう…

切なくも、心に刻みこみたいお話です。

関連:闘病の末、安楽死が決まった警察犬。「最後のセレモニー」で撮られた1枚に涙

みんなの反応

●幸せだったのか、時々思い出しては考えていたけど、その言葉に助けられた。あの子たちは、幸せのうちに亡くなったんだと

●7月に18歳の愛犬を看取りました 最後半年は介護の日々で睡眠時間も無かったですが不思議と辛くは無かったです。それでも亡くなってからあの子は幸せだったのか?と後悔ばかり…でも少し気持ちが楽になりそうです。ありがとうございました

●入院先で一匹で誰にも看取られず吐血して亡くなりました。私も家族も愛犬になにもしてあげられなかったと、この一年間失意の底にいました。このツイートをみて愛犬も幸せな一生のまま終えられていたらいいなと思いました。ありがとうございました

●我が家に来てくれてありがとう。一緒に過ごしてくれてありがとう。と言う言葉を添えて、穏やかに見送れたらいいな…

ハッとするエピソードに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ