瀕死の子ギツネを保護したら、飼い犬のブルドッグと親友に。おとぎ話のような出来事にほっこり

ひどい状態で見つかった、生後わずか2週間のキツネ。

すぐに受け入れ可能な施設がなかったため…

発見者のポーリンさんは、自らの手で彼女を救おうと決意します。

キツネと犬

体中をハエやダニに集られていました。

嘔吐しては、自分の身体よりも長い虫を吐き出していて…

もう15分も発見が遅れていれば、命はなかったでしょう。

子猫用のミルクを手ずから飲ませ、虫を取り除くための処方箋も施してあげます。

そんな尽力の甲斐あって…

6週間ほどかけ、子狐はゆっくりと健康を取り戻していきました。

マーリーと名付けられた彼女は、その後ポーリンさんの自宅で飼っているブルドッグ・アーニーと友達になります。

初めのうちは、アーニーは見知らぬ子狐を怖がっていました。

マーリーも、彼のことを嫌っていたみたいで…

それでも、少しずつ距離を詰めていって、3週間後には遊び仲間になっていたんです。

大の仲良しになった彼らは、四六時中ぴったりと寄り添い…

遊んだり、眠ったり、いっしょに散歩に出かけながら、穏やかな日々を過ごしています。

本来ならば、犬は狐を狩るときに用いられる動物です。

それでも、彼らは親友同士なんですよ。

まるで、『きつねと猟犬』の物語のようです。

関連:交通量の多い国道で「弱りきった子犬」を保護。かと思ったら…連れて行った病院で、『子ギツネ』だったことが判明した!?

人々の反応

●野生の動物の命を救ったばかりか、最高の住処まで用意して……あなたは素晴らしい人だ!

●ウチの猫も、近所に住み着いてるキツネと仲良しなのよね。何時間もいっしょに遊んでるわ

●実は、あまり珍しいことじゃないんだよな。種族が違っても、動物は仲良く暮らしていける。動物はね

●人間同士で争っている奴らは、彼らを見習うべきなんじゃないか

ほほえましい写真と素敵なエピソードに、強く心を打たれる一幕でした。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ